雨漏り調査

※雨漏りドクターの雨漏り調査範囲は屋上・屋根です。 

@電話相談・見積依頼・・電話相談・見積作成は無料です。

 

A雨漏り調査レベルT(散水による調査)        

費用:50,000円(作業員2名1組/日) ※消費税別途

※離島の場合や調査箇所が複数に亘る場合は追加料金が掛かります。お申し込み頂いた際にお電話にて確認させて頂きます。追加料金が発生する場合は別途見積書を作成させて頂きます。お支払い方法は工事終了後、2週間以内にお振込み下さい。    

高圧洗浄機.jpg雨漏り箇所の原因を調査するための散水調査。高圧洗浄機を用いて雨漏りの原因と思われる箇所に散水を行います。(水道代及び室内の養生はお客様負担となります。又散水時は住戸側で雨漏りが生じるかどうかの確認が必要です。この作業は通常お客様にお願いしております。)調査報告書の 作成が必要な場合は別途10,000円です。納期は2週間程度) ※建物の形状により足場が必要な場合があります。(必要な場合は別途お見積致します。)

 

B雨漏り調査レベルU(漏水診断装置による調査) 

費用:100,000円(作業員2名1組/日) ※消費税別途

※過去に散水調査を行ったが原因が分からなかったケースにお奨めします。 

※離島の場合や調査箇所が複数に亘る場合は追加料金が掛かります。お申し込み頂いた際にお電話にてご確認させて頂きます。追加料金が発生する場合は別途お見積書を作成させて頂きます。お支払い方法は工事終了後、2週間以内にお振込み下さい。

あおりんご.jpg漏水が生じている室内側から診断用の香り混合気をコンプレッサーにより圧送します。屋上においてはあらかじめ漏水原因の可能性が高いと思われる数箇所をビニールで覆い、その中の空気の不純度を高性能臭気検知器で初期値として計測しておきます。香り混合気を圧送し始めると漏水原因箇所の測定値は初期値より大きく変化するため、そこと判断されます。(室内側のクロスやボードは調査の際、部分的に剥がしたりしますが、 現状復旧費用はお客様負担となり ます。) 報告書が必要な場合は別途

                      10,000円です。(納期2週間程度)

※建物の形状により、足場が必要な場合があります。(必要な場合は別途お見積致します。)

※雨漏りドクターでは、瑕疵の係争に関わる調査・瑕疵の証明を行う報告書の作成はお断りしてお ります。ご了承下さい。                 

2008年11月19日 大分防水セミナー開催のご案内

日時:平成20年11月19日(水)13:30〜16:30(13:10開場)

場所:大分市コンパルフォール 3F 304会議室

    大分県大分市府内町1丁目5番38号(電話0975-38-3700)

    ※当会場の駐車場は有料です。(30分100円)

内容:@各種防水材と特性A改修工事における不具合事例の紹介

定員:25名

費用:無料

対象:官公庁・設計事務所・管理会社・マンションビルオーナー・マンション管理組合

申し込み:申し込みは大分セミナー申し込みフォームからお申し込み下さい。

備考:申し込みが定員を超えた場合は入場をお断りする場合もあります。お早めにお申し込み

   下さい。 →お申し込みは終了しました。

2008年6月12日福岡県防水改修セミナー開催

研修会.jpg2008年6月12日福岡県職業能力開発協会にて防水改修セミナーを開催致しました。官公庁・設計事務所・管理会社・大学関係者等49名の参加を頂きました。特に防水工事の下地処理方法をデモ架台を用いながら説明した実技施工は大変興味深く見て頂きました。座学で行った『失敗しない改修工事』の説明では現場で起こりがちなミスや事故例を紹介し、防水工事のコツについて情報提供させて頂きました。

 

2008年8月29・30日 2008年防水調査診断スキルアップ講習会開催

レベルアップ.jpg2008年8月29・30日会員向け防水調査診断スキルアップ講習会が熊本テルサで開催され、10名の会員が参加いたしました。会員同士が防水改修に対する意見交換を重ねながら、防水調査診断レベル向上に役立てました。

 

 

2008年7月25日 第1回改修工事勉強会開催

2008年7月25日 天神西茂ビルにおきまして、社歴1〜2年目の会員向けに改修工事勉強会を開催しました。14名の会員が参加し熱心に受講しておりおました。来年はよりステップアップした内容をこの勉強会参加者に実施予定です。

2008年6月26日 2008年技術研修会開催

技術研修会.jpg2008年6月26日 久留米ビジネスプラザにて2008年技術研修会が開催されました。会員31名が出席し、ビュートップ防水(塩化ビニルシート防水)の基本性能と新規事業であるデザイングラフィックフィルムの展開について学びました。

 

 

 

なぜ防水の改修が必要なのか?

鉄筋コンクリート造の建物の寿命は60年程度といわれます。建物を守る代表的な防水の寿命は以下の通りです。 ※建設省総合開発プロジェクト(昭和55年〜59年)の『建築防水の耐久性向上技術』資料より引用。

 押さえ.bmp

アスファルト防水押えコンクリート仕上げ

 露出.bmp

アスファルト防水露出仕上げ

 標準対応年数 約17年

 標準対応年数 約13年

 シート.bmp

シート防水

 塗膜.bmp

ウレタン塗膜防水

 標準対応年数 約13年

 標準対応年数 約10年

 

さて改修時期に達している防水層を改修せずに放置した場合、防水防水機能の低下だけでなく劣化が進行することにより防水層を全面剥がしての改修工事を余儀なくされるなど改修費用が増大することにもなりかねません。今の防水層の現状を的確に把握して限界が来る前に防水改修をする方がコスト的なメリットがあるといえます。

但し標準対応年数はあくまでも目安ですので、標準対応年数が到来したといってすぐ改修時期に達したとは限りません。改修すべき状態になっているか専門業者に相談することをお勧め致します。(雨漏りドクターでも防水層の劣化診断を承っております。)

『塗る』防水と『張る』防水

防水は屋上をはじめ建物のいたるところに使われております。防水には様々な種類がありそれぞれの特徴を生かして用途に応じて使われています。 防水材料を大別すると『塗る』防水と『張る』防水に区分されます。

@『塗る』防水

 塗る.bmp

 

液状の防水材料をかき混ぜ化学反応を起こして防水の膜を作る工法です。狭い部分の施工に向いています。施工する下地に不陸があると膜厚に薄い箇所が出来る可能性があるので、下地処理が重要になります。よく使用される『塗る』防水としてはウレタン塗膜防水 が知られています。

 

A『張る』防水

 張る防水.bmp                                  

工場で加工されたシート状の防水材を貼り合わせる工法です。『塗る』防水よりも下地の影響を受けにくい特徴がありますが、シートのつなぎ目処理に職人の技量差が出やすい面があります。よく使われる『張る』防水としては塩ビシートや加硫ゴムシート防水が知られています。

 

 

B『塗る』+『張る』防水

塗る貼る防水.bmp

 

『塗る』+『張る』防水として最も知られているのはアスファルト防水です。2層以上に重ねて施工しますのでとにかく丈夫で長持ちします。両防水の特徴を有しているので下地や施工者の不具合が生じにくい傾向があります。近年ではアスファルト防水の進化系である『常温工法』や『トーチ工法』も改修工事を中心に採用されてきています。